車両保険の種類

 車両保険は、主にオールマイティタイプとエコノミータイプの2つに分かれます。これは補償範囲による区分で、オールマイティタイプのほうは補償範囲が広く保険料は高め。エコノミータイプのほうは補償範囲が狭く保険料が割安です。

車両保険のオールマイティタイプとエコノミータイプの違い

 衝突・接触・墜落などの偶然な事故によって自動車に損害が生じた場合に支払われる保険が車両保険ですが、具体的にはどのようなときに支払いの対象となるのでしょうか。オールマイティタイプとエコノミータイプそれぞれの補償内容を見てみましょう。

オールマイティタイプ

エコノミータイプ

 「オールリスク補償」のことで、「一般車両保険」とも呼ばれています。契約車両が、車や物と衝突・接触して損害を負った場合だけでなく、物が落下・飛来してきて損傷した場合や、盗難、いたずら、火災、水害などによって損害を受けた場合など、車両に関する損害のほとんどすべてといっていいほど広く補償してくれる保険です。

 もちろん、単独事故の場合や、100%自分に過失がある事故、当て逃げされて相手がわからないという場合も対象となります。その代わり、支払う保険料もエコノミータイプより高くなります。

 これは「車対車+A」といわれるタイプで、オールマイティタイプの補償範囲を狭くしたものになります。契約車両が他の車と衝突・接触して損害を負った場合や、物が落下・飛来してきて損傷した場合、盗難、いたずら、火災、水害などによって損害を受けた場合が対象となります。

 この「他の車との事故」とは、相手が確認できるものに限られ、相手がいない、もしくはわからない事故の場合は補償されません。つまり、オールマイティタイプの補償内容から、単独事故や当て逃げなどを除いたのが「エコノミータイプ」です。補償内容を少し狭めたものですから、当然保険料はオールマイティタイプより安くなっています。


 なお、「車対車+A」とは、「車対車」「限定A」という2つのタイプを合わせたものです。「車対車」は、自動車同士の事故による損害だけを補償するもの、「限定A」は「車両危険限定担保特約」ともいい、物の落下・飛来、盗難、いたずら、火災、水害など、交通事故以外の「災害」のみに限定して損害を補償する保険です。それぞれ、補償を限定することで保険料は当然安くなります。

 ただし、自動車保険会社によってはこの「車対車」「限定A」を単独で付帯することはできず、上記のように「車対車+A」という形でのみ取り扱うという場合もあります。いずれにせよ、これらを単独で契約する人は多くないので、「オールマイティタイプ(一般車両保険)」「エコノミータイプ(車対車+A)」の2つの違いを把握していれば問題ないでしょう。

オールマイティタイプとエコノミータイプの補償範囲

補償の範囲

オールマイティ
(一般車両保険)

エコノミー
(車対車+A)

車同士の衝突

         ○

          ○

自損事故

         ○

          ×

当て逃げ

         ○

          ×

盗難、いたずら

         ○

          ◯

浸水、火災など

         ○

          ◯

無免許・酒気帯び運転

         ×

          ×

車両保険の選び方

 車両保険は、自分の車の損害について補償するもの。対人や対物といった賠償責任保険と違い、必ず入っておくべきものではありません。新車や高級車であれば加入しておく、そうでなければ入らないという選択肢があるのと同様、選び方も人それぞれです。例えば、盗難やいたずらが気になるような高級車や人気車、新車の場合はオールマイティタイプにしておき、ある程度年数が経った時点で、自損事故の損害は自腹でも大丈夫と思ったらエコノミータイプに変更するという方法もあります。毎年の保険見直しのたびに検討しても良いでしょう。

 ただし、保険とは“安心感”を買うものでもあります。多少の保険料には目をつぶり、ほとんどの損害に対応してくれるオールマイティタイプに加入しておくのも悪くはありません。自分の車の車種や年式、保険料など総合して選んでください。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。