分散投資

 分散投資とは、投資資金を複数の投資対象に分けたり、投資期間の異なるものに投資したりすることで、価格変動リスクを軽減させること。

 特定の資産に集中して投資した場合、値下がりすると資産全体に影響を受ける。しかし、投資対象が複数であれば、一つが大きく値下がりしても、他のものでカバーできるため、値下がりリスクは軽減される。株式や債券など投資商品で分散させる方法のほか、銘柄や業種、地域、通貨による分散法もある。
 また、一時期にまとめて投資をするのではなく、タイミング(時間や投資日など)をずらしながら投資を続けることによって、購入価格を平均化して、大きな値下がりリスクを軽減できる「時間分散」という考え方もある。
 分散投資は、価格変動リスクを軽減する効果はあるが、特定の銘柄などが大きく値上がりしても、他の資産が値下がりすれば、その値上がり分は相殺されることになる。
ワンポイント
 分散投資とは反対に、ひとつの銘柄に資金を集中させて投資することを「集中投資」という。

関連用語

リスク株式債券中長期投資集中投資国際分散投資

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。