ネット証券の口座開設をスムーズに!

 近年、資産運用のために株式投資を行う個人投資家が増えています。株式投資を行う上で証券口座を開設する必要がありますが、ネット上で取引できる手軽さや手数料の安さからネット証券で口座開設する人が増えています。しかし、いざネット証券で口座を開設しようと思っても、どんな口座を選べば良いのか、また何が必要でどうすれば開設できるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこでここでは口座開設の必要書類と流れ、口座の種類の選び方について解説します。株式投資を始めてみたい、ネット証券で口座を開設したいという人にぜひ役立てていただきたいです。

口座開設に必要な書類は?

 2016年1月から、証券会社で口座を開設する際にマイナンバーの提出が必須になりました。「個人番号カードの両面コピー」または「マイナンバー通知カードのコピーと、本人確認書類1種類、もしくは2種類のコピー」が必要です。オンラインで提出するならコピーではなく、スマートフォンやデジカメで撮影したり、スキャナで取り込んだ画像でOKです。

■必要な本人確認書類

・個人番号カードを持っている人
 →個人番号カードの両面のコピー

・個人番号カードは持っていない人
 →マイナンバー通知カード+顔写真付き本人確認書類1種類
  または マイナンバー通知カード+顔写真なし本人確認書類2種類

※顔写真付き本人確認書類:運転免許証、住民基本台帳カード(写真付き)など
 顔写真なし本人確認書類:健康保険証、年金手帳、印鑑登録証明書、戸籍抄本、住民票の写し
※マイナンバーが記載された住民票を提出する場合は、マイナンバー通知カードは不要です。
 代わりに顔写真あり・なしの本人確認書類1種類を提出します。

口座開設までの流れをおさらいしよう

 口座を開設するには申込書類を取り寄せ、記入して本人確認書類と一緒に返送、証券会社の審査に通れば口座番号とパスワードが発送される、というのが一連の手続きの流れです。この手続きを全て郵送で行うとかなり時間がかかってしまいますが、最近では多くの証券会社が本人確認書類のネット送信に対応しています。その場合の手続きの流れとしては以下のようになります。

・ネット上で申込書類に記入
マイナンバー・本人確認書類の提出(アップロードかメール送信)

↓郵送

・1〜2週間で口座番号・パスワード等を受け取り、取引を開始

 申込書類は郵送で取り寄せることもできます。また、マイナンバー・本人確認書類の提出は郵送でも可能ですが、その分口座開設まで時間がかかります。オンラインであれば一番早く手続きができ、最短で翌日から取引可能なネット証券もあります。ただし、申し込んだ時間や曜日によっては翌日から取引できないこともあるので、余裕をもって申し込みましょう。

口座の種類はどう選ぶ?

 口座を開設するとき、「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」「一般口座」の3種類の中から選ぶことになります。口座の種類によって異なるのは税金の納め方です。株の売却益や株券を所有していて配当金を得た場合、利益の20%の税金を支払います。支払い方は証券会社に源泉徴収してもらう方法と自分で確定申告する方法があります。それぞれの違いは以下の通りです。

(1)特定口座(源泉徴収あり)
 収支の計算や納税などの手続きを証券会社が行ってくれます。自分で確定申告する必要はありません。

(2)特定口座(源泉徴収なし)
 特定口座内の年間の収支計算を証券会社が行ってくれますが、確定申告は送付される年間取引報告書をもとに自分で行います。

(3)一般口座
 1年間の株などの取引について、自分で計算し確定申告を行います。

 確定申告が面倒という人や、株取引初心者は税金が源泉徴収される(1)がおすすめです。ただし会社員の場合、給与所得以外の収入が20万円以内なら確定申告(納税)する必要がありません。つまり株取引による利益20万円までは税金を支払う必要がないのです。この制度を利用するなら必ず(2)を選びましょう。もし(1)を選んでしまうと、源泉徴収された税金を返してもらうことはできません。会社員であまり利益が出ないと思われる人は(2)を、それ以外の人は(1)の口座を選択することをおすすめします。

 ネット証券での口座開設は無料でできますし、本人確認書類をネットで送信すればすぐに始めることもできます。また口座を開いても、必ずその口座で取引しなければならないわけではありません。各証券会社で様々なサービスやキャンペーンを展開していますので、口座を開設する際にはぜひチェックしてみましょう。いくつかの証券会社で口座を開設し、使い勝手や相性の良いところを探すのも良いかもしれません。

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。