自賠責だけでは補償不足!? 事故後に「任意保険」が必要な理由【後編】

必要性をきちんと理解したうえで、任意保険への加入を検討しよう [拡大する]

必要性をきちんと理解したうえで、任意保険への加入を検討しよう

 これから車を買う場合、自動車保険については「強制の自賠責だけでいいのでは?」と考える人もいるかもしれない。だが、任意保険への加入に関してもしっかり検討すべきだ。前回は、事故の加害側に立った場合の必要性について解説したが(※関連記事を参照)、任意保険は被害側になったときにも役立つ。事故が起きたら、自分側に損害が発生する可能性もあるので、その補償もきちんと用意すべきなのだ。

■自分側の損害とは?

 交通事故は、「相手のある事故」と「相手のない事故」に二分される。どちらにしても、自分側の損害がゼロというケースはまず考えられない。例えば、運転者および搭乗者のケガ・死亡。また、車や積んでいた物が壊れることもある。

 このうち、自賠責保険でカバーされるのは、搭乗者のケガ・死亡のみ。だが、必ずしも補償されるわけではなく、「運行供用者」の場合は保険金の支払いは受けられない。

 「運行供用者」とは、「自己のために自動車を運行の用に供する者」のこと。例えば、妻が夫を車で最寄り駅まで送った際は、夫がこれに該当する。そのとき、事故が起きたとしても、夫は自賠責保険では補償されない。

■万が一に備えて損害を補えるようにしておく必要がある

 相手のある事故の場合、過失割合に応じて相手の保険から補償を受けることは可能だ。自分側の損害額を1億円だと仮定して、受け取れる補償額を過失割合(自分:相手)ごとに見ていこう。

【過失割合5:5】
相手からの補償5000万円
→5000万円が不足することになる

【過失割合10:0】
相手からの補償0円
→一切受けられない

 損害の内容や過失割合はケースバイケースだが、自分に過失がまったくなく、全額補償を受けられる事故はかなり少ない。万が一に備えて、自分でも損害を補えるようにしておく必要があるのだ。

 なお、相手のいない単独事故では、誰からも補償を受けられない。自動車事故は損害が高額になることが多く、貯蓄などでカバーするのはまず不可能。やはり任意保険に加入して備えておくのが得策だ。

■自分側の損害をカバーする任意保険の種類

 自分側の損害をカバーする任意保険の基本種目としては、主に以下が挙げられる。

・搭乗者傷害保険
運転者を含む、契約車両に乗っている人をカバーする

・人身傷害補償保険
運転者を含む、契約車両に乗っている人をカバーする。自分や家族が歩行中またはほかの車に乗っているときに起きた事故を補償するタイプもある

・自損事故保険
単独で起こした事故の場合に、運転者を含む、契約車両に乗っている人をカバーする

・無保険車傷害保険
当て逃げや事故相手が保険非加入といった場合に、運転者を含む、契約車両に乗っている人をカバーする

・車両保険
自分の車が受けた損害をカバーする

 このほか、持ち物や弁護士費用を補償するといった数多くの特約も存在しており、必要に応じて付帯することができる。自分や家族など車に乗るすべての人、そして愛車のためにも、任意保険はよく検討して加入しておくべきだ。

(文/西村有樹)

>>【30代〜50代以上】ドライバー満足度の高い「自動車保険」を発表!

>>自賠責だけでは補償不足!? 事故後に「任意保険」が必要な理由【前編】

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。