知っているようで知らない “自賠責保険”と“任意保険”の違い

「自賠責保険」と「任意保険」の具体的な違いを解説する [拡大する]

「自賠責保険」と「任意保険」の具体的な違いを解説する

 自動車保険は、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険(自動車保険)」の2つがある。両者は補償の範囲などが異なるが、一度聞いてもつい忘れがちだ。そこで、知っているようで実は理解できていない、という人に向けて、自賠責保険と任意保険の違いを解説する。

■自賠責保険は義務、任意保険は自由加入

 自賠責保険と任意保険の大きな違いは、加入が義務付けられているか、自由加入であるかだ。自賠責保険は、自動車損害賠償保障法に基づき、全ての自動車(原動機付自転車を含む)に加入の義務が生じる強制保険である。自賠責保険を契約せず自動車を運行した場合には、1年以下の懲役または50万円以下の罰金の刑事罰、および免許停止等の行政処分が科される。

 一方、任意保険は自賠責保険と異なり、自由加入だ。だが、補償される範囲が自賠責保険に比べて圧倒的に広いため、任意加入といえども加入する人が多いという現状には理由がある。

■自賠責保険と任意保険の補償範囲とは

 自賠責保険の補償範囲は、他人にケガを負わせた、死亡させたなど対人賠償事故に限定される。そのため、他人の車や建物などの対物賠償事故、自分のケガや車などに対する補償は対象外だ。また、自賠責保険で支払われる保険金には、上限がある。傷害事故の支払限度額は120万円、後遺傷害事故の支払限度額は等級により異なるが4000〜75万円、死亡事故となった場合の支払限度額は3000万円だ。

 任意保険は、相手方の身体だけでなく、自分のケガや車など補償が多岐にわたる。自動車事故によって他人を死傷させ、自賠責保険の補償範囲を超える損害を補償するのが「対人賠償保険」、他人の財物に与えた損害を補償するのが「対物賠償保険」だ。

 そのほか、運転者や同乗者が死傷した場合に補償する「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」、相手がいない事故による死傷を補償する「自損事故保険」、相手方の賠償資力が不十分である場合や相手方が対人賠償保険を契約していないなど、相手が無保険自動車であるため損害賠償義務を果たすことができない場合を補償する「無保険車傷害保険」などがある。また、台風や高潮など、偶然な事故によって自分の車に生じた損害を補償する保険として「車両保険」が利用できる。これらの任意保険の中から、自分に必要な保障を兼ね備えた保険を組み合わせ、加入しておくことが大切だ。

 近年では、人身事故による損害賠償額は高額になるケースが多くなっている。自賠責保険の補償範囲を大きく超える損害が発生した時、任意保険に加入していなければ、多くの損害賠償を自ら負担することになる。自賠責保険だけでは充分な保障を確保しているとは言えないので、任意保険に加入して賠償資力を備えておく必要がありそうだ。

【文/武藤貴子】
ファイナンシャル・プランナー(AFP)。会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーや執筆を行う。独立後はネット起業のコンサルとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。著書に『いちばん稼ぎやすい簡単ブログ副業』。

【監修/SAKU】

>>任意保険選ぶ前に確認 満足度が高い自動車保険ランキング

>>もし自賠責保険が切れていたら… 事故時の“救済措置”はあるのか?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。