自動車保険の「任意保険」 何がいくらまで補償されるのか


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車保険の「任意保険」について、内容や金額を紹介(画像はイメージ) [拡大する]

自動車保険の「任意保険」について、内容や金額を紹介(画像はイメージ)

 自動車保険の任意保険に加入するかしないかは、契約者の希望や判断に委ねられる。そこで、任意保険は何を対象としてどんな補償がいくらまで受けることができるのか。補償内容や金額について、例を挙げながら確認しておきたい。

■任意保険に加入して補償内容を万全に

 車に乗っている人は「自賠責保険」に必ず加入しなければならないが、これはあくまで被害者を救済するための保険制度。車や建物などに損害を加えた場合は一切補償されない。また、死亡事故時の補償限度額は3000万円となっているが、昨今のケースでは死亡事故の賠償額が3000万円を超えることも珍しくない。つまり、自賠責保険だけでは「被害者への賠償が不十分」、「対物事故の場合は補償されない」、そして「加害者の損害が補償されない」ということになる。そこで、任意保険への加入が必要となるのだ。

 任意保険では、相手にケガを負わせた場合の治療費はもちろんのこと、通院に要する交通費、仕事を休んだ期間の休業補償、本来は得られるはずだったが事故により得られなかった利益(逸失利益)などもトータルで補償される。これは相手を死亡させてしまった場合も同様だ。また、自賠責保険では補償されない相手の財産(車や建物などを含む)の損害についても、任意保険では補償される。しかも、相手だけでなく自分や搭乗者がケガを負った場合、あるいは死亡した場合の補償も受けられることになる。

■任意保険は複数の内容を組み合わせて

 任意の自動車保険に加入すると、補償される対象と保険金額が細かく分かれていることに気がつく。これは一口に任意保険といっても、事故の種類により補償内容が異なるからだ。以下、任意保険の補償内容について一例を見てみよう。

【任意保険 補償内容の一例】
※補償内容や金額はあくまでも一例であり、保険会社によって異なる。

・対人賠償保険 無制限
 被害者がケガを負った場合、および死亡した場合の補償。

・対物賠償保険 無制限
 物に損害を与えた場合の補償。

・人身傷害補償保険 3000〜5000万円
 自分や家族、または搭乗者が負ったケガなどを補償。

・搭乗者傷害保険 1000万円
 自分や搭乗者が負ったケガなどを補償。

・車両保険 500万円
 自分の車が事故で破損したり、盗難に遭った場合に補償。

・自損事故保険 1500万円
 単独事故で運転者や搭乗者がケガを負った場合に補償。

・無保険車傷害保険 2億円 〜無制限
 当て逃げされ、搭乗者が死亡した場合などに補償。

 このように任意保険の補償内容は幅広く、自賠責保険で足りない部分をカバーできるようになっている。保険金額は自分で決められることもあり、特定の保険に加入するかしないか選択できることもある。契約を結ぶ前に、自分にとって必要な保険をあらかじめ確認しておこう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

>>【自動車保険ランキング】「保険料」の満足度が高いのは? TOP10を発表

>>“自賠責保険”と補償が似ている!? “対人賠償保険”に加入する必要性とは?

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。