Q.自動車の安全装置による割引って?

【A】
 自動車の安全装置には、大きく分けて「自動車の運行を制御・補助する機能」を備えたものと、「乗員の安全を確保する機能」を備えたものの2種類がある。

 「自動車の運行を制御・補助する機能」を備えたものには、事故を未然に防ぐ回避能力を高める効果があり、例として、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)装置や横滑り防止装置、盗難防止装置などが挙げられる。

 「乗員の安全を確保する機能」を備えたものには、事故の際に乗員に与える損害を軽減する効果がある。例としては、エアバッグや衝突安全ボディなど。いずれも自動車事故におけるリスクを軽減するため、多くの自動車保険会社で「イモビライザー(盗難防止装置)割引」や「エコカー(低公害車)割引」といった安全装置による割引を採用している。

 安全装置の有無による自動車保険料の割引は、標準装備であれば基本的には型式別料率クラスに反映されている。だたし、オプションで選んだ場合などは、自動車保険の契約者が自己申告する必要があるため、自分の車にどの安全装置が装備されているかきちんと把握しておこう。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。