“強制の自賠責保険”と“任意の自動車保険” それぞれの必要性


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

自動車事故の賠償金は「自賠責保険」だけで賄えないケースも…(画像はイメージ) [拡大する]

自動車事故の賠償金は「自賠責保険」だけで賄えないケースも…(画像はイメージ)

 自動車保険には、強制加入の自賠責保険と任意加入の自動車保険がある。片方だけ加入していればよいのか、両方に入らなければならないのか。今回は、それぞれの必要性について、事故が起きたときを例に挙げながら紹介する。

■強制加入の自賠責保険 加入しないと処罰も

 車に乗る場合、被害者救済を目的として昭和30年より施行された“自賠責保険”という保険制度に必ず加入しなくてはならない。もし加入していない場合は、罰金や刑事罰などの処罰を受けることになる。「自動車損害賠償保障法(自賠法)」の施行以来、限度額は多少変化したものの、基本的には最低限の補償内容となっている。

【自賠責保険の限度額と補償内容】
死亡による損害 3000万円
後遺障害による損害 最高4000万円
傷害による損害 最高120万円

 一見すると、それなりの金額が補償されるように思えるが、実際に死亡事故を起こしたら上記のような金額では到底済まなくなってくる。年齢や性別、職業を問わず、昨今では数千万円から1億円を超える賠償金額を請求されることも珍しくない。

 仮に、被害者が死亡して1億円の賠償金額を請求された場合、自賠責保険から3000万円が支払われるが、残りの7000万円については加害者が全額負担しなければならない。貯金や財産などは差し押さえられ、生涯にわたり、給与などを賠償金の支払いに充てることになる可能性もある。そんなときに備えて、任意の自動車保険への加入が必要となるのだ。

■“自賠責のみ”では高額な自己負担となることも

 自賠責保険で補償される対象は、あくまで交通事故に巻き込まれた被害者に限定されている。もし、相手の車や家などを壊してしまった場合には、その分の賠償金額を自腹で支払う必要がある。その損害金額は一概には言えないが、被害の大きさによっては数百万円から数千万円もの大金になるケースもあるのだ。

 また、交通事故でケガや死亡するのは被害者だけとは限らない。自己の過失が100%の事故で、運転者が大ケガを負ったり、命を落としたりするケースも当然あり得る。そのような場合の治療費、通院費、入院費、休業補償、給与補償などは、全て自己負担となる。なによりも、一家の大黒柱が死亡した場合、どこからも補償がなく、残された家族は非常に困ってしまう。

■自賠責で足りない部分をカバーする任意保険

 そこで、ほとんどの車の運転者は自賠責保険だけでなく任意保険にも加入している。どんな任意保険を選んでいるのか。一例として次のようなものがある。

【任意保険の内容 一例】
対人賠償保険 無制限 (被害者への補償)
対物賠償保険 無制限 (被害者への補償)
人身傷害補償保険 3000万円〜5000万円 (自分や搭乗者への補償)
車両保険 時価車両価格 (自分の車への補償)
自損事故保険 1500万円 (自分への補償)
無保険車傷害保険 2億円〜無制限 (自分への補償)

 先ほどの賠償金額1億円の例では、自賠責保険で補償できない7000万円を任意保険で補償してくれる。また、相手の財産はもちろん、自分自身や搭乗者のケガに至るまで補償の対象となる。

 交通事故は起こさないのが一番だが、人生を守るためにもしっかりと保険に加入しよう。

(文/西村有樹)
フリーライター。保険や資産運用などマネー系に強く、「All About」で自動車保険ガイド記事のほか、銀行や保険会社、証券会社などの刊行物、国交省、財務省等官公庁の媒体など幅広く執筆。ほかにも雑誌「プレジデント」「ベストカー」などでも多数の記事を担当する。

(校閲/株式会社ぷれす)

>>【年代別ランキング】40代のドライバーに選ばれた自動車保険は…

>>使うと損をすることも!? 自動車保険「車両保険」の注意点とは

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。